ライナーノーツ

ダウンロードされたデータは個人で楽しむ範囲でのみ利用を許諾させて頂きます。
その範囲を超える場合は必ず諸注意に従って頂きますようお願いいたします。

ページ上下の枠線内は検索用リンクです。クリックすると、それぞれに応じた一覧が表示されます。
壁紙はこちらから頂きました。

年代  50音  ジャンル  VOCALOID


2004年の作品

059 銀の翼は悲しき色に染まる
     download
ROで光輝さんがマスターを務めるギルド「Crusis」のテーマ曲として作った物です。1年ほど前に思いつき、いつか形にしたいと温めてきたサビのフレーズを元に展開した、歌ものを意識した曲です。曲を作る際に提示されたCrusisのイメージは、地に堕ちた天使が森へと還りエルフとなった、様な感じだったと記憶しています。今まで作った中で一番曖昧で漠然としたテーマであり、よくこのテーマで仕上げられたと今でも思っていたりします
この曲のイントロには3つの要素が含まれていて、1つには真ゲッター対ネオゲッターの主題歌「STORM」のパイプオルガンによるイントロ。これは意図的に若干音を変えてそのままイントロの最初に使っています。
2つ目が自曲【Move Along】のピアノ連弾によるイントロ。これは元々初めて作ったMove Alongをレベルアップした作曲力でリアレンジしたいと考えていたのを、イントロだけ引用したものです。
3つ目が勇者特急マイトガインのOP主題歌「嵐の勇者(ヒーロー)」のイントロ後間奏。これに関しては当初オリジナルだと思っていたフレーズだったのですが、結構前に聴かせてもらったものの忘れてしまっていた嵐の勇者のフレーズのみが、たまたま頭に浮かんで使用したもので、銀の翼〜を作った数ヵ月後に古いMIDIを聴いていた所発覚したという経緯があります。7小節目からの展開はオリジナルであるものの、意図してのアレンジではない為に実質的に盗作の様な形になってしまったという苦い思い出であり、同時に潜在的に音楽から受ける影響の強さを改めて実感させられた作品です。
特に様々な音楽が氾濫している現在、どんなにオリジナルだと思っていてもどこかで聴いた曲に似てしまう、同じフレーズになってしまう、というのは避けられないジレンマだったりしますが。この辺りをどうクリアしていくか、というのも作曲家に問われる素養の1つではないでしょうか。
(07/03 @07)

060 魂に宿るは森の記憶【未】
  MIDI試聴 DL
同じく「Crusis」のサブテーマとして考えた曲で、憩いの場におけるBGMを想定しています。前述のCrusisのイメージから森の穏やかで神秘的な雰囲気を出すために、隣のトトロBGM「風の通り道」を手本としています。曲想が余りに風の通り道に似すぎている事、光輝さんのRO引退に伴うCrusisの解体、及び僕自身がCrusisの活動していたIrisサーバからForsetyサーバへと移住した事などの理由から、現在では完全に放置となっています。
(07/03 @07)

061 天魔絶対殲滅機関【未】
  MIDI試聴 DL
同じく「Crusis」のサブテーマとして考えた曲で、ギルド狩りなどの戦闘におけるBGMを想定しています。上記理由からこちらも製作途中で放置していますが、この曲に関しては変拍子のオリジナリティ高い曲想であり、別の形で作り直したいと考えています。
(07/03 @07)

062 蒼月夜(あおきつくよ)
     download 歌詞
当時EB常連の間でお絵かき100題というのが流行り、それに倣って作曲100題というのを考えました。10のジャンル毎に10のお題、合計100個のテーマに沿って作曲する事で、様々なジャンルに精通、テーマ作曲の練習、習作の数をこなす等、レベルアップを図る目的がありました。しかし07年現在において、向かうべき方向性が見えてきた事、習作の公開に対する考え方の変化、音楽と言う分野において100題というテーマの数が余りに少なすぎるなどの理由から一時停止。別のアプローチを考えています。
さて、この蒼月夜は100題その81・時空の部・月夜のテーマで作った曲です。100題の企画は同時にEBプレイヤーのテーマ曲としての意義も兼ねており、これは管理者である光輝さんのテーマを想定しています。タイトルは彼の提案であり、『蒼の影はここに孤り、星屑の丘で月夜に足掻く』というイメージをもらいました。
曲としては、当時放映していた仮面ライダー剣の後期OPである「ELEMENTS」に触発されており、仮面ライダーアクアという新ライダーの主題歌を同時に想定しています。歌詞については、このアクアのバックストーリーを文章にしたもので、初の作詞となっています。07年現在2度のアレンジを行っており、自薦ベスト5に入る作品の1つでもあります。光輝さんの要望による、弦楽アレンジも予定しています。
この曲は最初YAMAHAの音源で作成、その後シェアウェアのソフト音源であるWinGrooveを購入しミックスを完成させるものの、更に直後Roland社製のVSC3.2(ソフト音源込み)を入手、音色とエフェクトの再調整をかけて現在のヴァージョンに落ち着きました。VSCは前2音源が128種類の音色しか使えないのに対し、902音色と膨大な種類の音を使えるので、より多彩な表現が可能となりました。しかしながらこの時点ではその性能はまだ使いこなせず、個人的には元々の完成形であるWinGrooveモードの蒼月夜(↓参照)の方が好きだったりします。
ちなみに、この曲以前の作品でMP3公開している物は全てVSCの機能を使ってWAVE OUTしたもので、音源もVSC仕様にリミックスしています。
     download 【WinGroove版
(07/03 @07)


年代  50音  ジャンル  VOCALOID


サイトトップへ戻る